top of page
  • 執筆者の写真正明 山岸

耳にフィットする音

クリプシュの取扱いを始めさせて頂きました。

劇場用スピーカーで全米No.1のシェアを誇るメーカーであるクリプシュ

その音のDNAを受け継ぎ、自然な音を実現するKlipschのイヤホンは

「原音に忠実であること」が多くの音楽家、評論家からの指示を得ています。

今回、試聴もできる展示品としてX10とRefarence On-Earがラインナップ

X10は多くの評論家のレビューがあるので詳細は控えますが、

実際に装着してみて、まずそのフィット感とストレスの無さにビックリ。

私の耳が特殊なのか、正直いままでイヤホンを付けていると30分程で痛くなってしまう感じだったのですが、こちらは優しく、しかし密閉度が高く収まります。

そして、音!

ボーカルの息づかいやギター弦のこすれる些細な音、

そしてスピーカーで聞いていたけど気付かなかった音まで

それらが自然な音として聞こえます。

Refarence On-Earは携帯性とデザインを優先したコンパクトなモデルながら、

やはりその音の実力は本格的。

低音、奥行き、臨場感を感じる事ができます。

そして低反発のイヤーカップが、やはり耳を心地よく包みます。

どちらもとにかく聞いてみて感じて欲しい!

携える毎日の音が変わります!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page